PowerPoint+9VAe

PowerPointでアニメスライドを作る

9VAeきゅうべえを使えば、PowerPoint や Keynote (Macintosh) 、LibreOffice (Ubuntuなど) に簡単にアニメーションを入れられます。下のようなアニメーションスライドを作ることができます。



PowerPointに筆文字を入れる

9VAeきゅうべえで、マウスを使って下のような筆文字を入力できます。ワコムペンタブレットを使えば筆圧で線の太さが変わります。入力した線を選んで Ctrl+Cでコピーし、PowerPoint上に、Crl+Vで貼り付けられます。

アニメの作成

次のアニメは、LibreOfficeの例 ですが、PowerPoint でもできます。
なお、アニメGIFは写真と同じ扱い(画像)です。「アニメーション、動画」ではないので注意。挿入メニューの「画像」から入れてください

LibreOfficeでは編集中も動きます。PowerPointではスライドショーさせると動きます。

このようなグラフが動くアニメも、9VAeきゅうべえで簡単に作れます。

今までのアニメ制作.gif
  • 9VAeきゅうべえキャラクタは、9vaフォルダ > exampleフォルダ > 01simple フォルダの中の 9va.svg にあります。
  • Windows PowerPointを持っているならば、まず上の静止画(矢印が伸びた状態)を PowerPointで書いてください。全体を選択し、Ctrlキー+Cキーを同時に押してコピーし、9VAeの上でCtrlきー+Vキーを押して貼り付ければ、9VAeに取り込むことができます。
  • 9VAeきゅうべえで絵を入力することもできます。
  • 四角形はツールボックスの左上の□ボタンをクリック。線の色は右側のパレットの左下のボタン(上図A)で変更できます。
  • 最初、線には「ぶれ効果」がついています。これは線の種類(上図C)ではずせます。
  • 矢印は線のパレットの右端のボタン(上図D)でつけることができます。
  • 絵が作成できたら、上のページの左横の「<」ボタン(上図F)をクリックし、「前につづいたページを作る」をクリックし1ページ増やします。
  • 1ページの矢印をクリックし、矢印の長さを短くすれば、矢印の長さが変化するアニメが作れます。
  • ページとページの間の「>」ボタンをクリックし「中間ページを作る」で途中の状態を作ることができます。
  • ページの上の「1秒」(上図G)をクリックし、時間を調整してください。
  • プレイボタン(上図E)を押せば動きます。

アニメGIF出力

  1. 9VAeメニューバー>ファイル>アニメGIF出力(キッズプラザ版にもあります)
  2. デスクトップを指定して「保存」をクリック>アニメGIFのサイズなどを設定する画面が開きます。
  3. 「出力開始」をクリック>デスクトップにアニメGIFファイルができます。

PowerPoint にアニメGIFを入れる

  1. PowerPoint メニューバー>挿入>「画像」>ファイルから選ぶ>デスクトップのアニメGIFファイルを選びます。
  2. 編集画面では静止画ですが、スライドショーさせるとアニメーションが動きます。

Keynote (Macintosh) の場合

  1. Keynote メニューバー>挿入>選択...>デスクトップのアニメGIFファイルを選びます。
  2. クリックするとアニメーションが動きます。

LibreOffice-Impress  の場合

  1. LibreOffice メニューバー>挿入>「画像」>ファイルから>デスクトップのアニメGIFファイルを選びます。
  2. 編集画面でもアニメーションが動きます。


PowerPoint にもアニメーション機能がありますが、9VAeは、はるかに自由度の高いアニメーションが作れます。

参考情報