1コマアニメーション

1コマアニメーションとは

「1コマアニメーション」は4歳児から作れるコンピュータアニメーションです。2018年キッズプラザコンピュータ工房ワークショップで生まれました。1コマ絵を描くだけで動画が作れます。書き順アニメとも呼ばれます。

子供にとって最も身近なお絵かきでアニメができる。
直感的に操作方法がわかる。なんでもかける。
だから、書きたいことに集中でき、個性が光ります。

4歳児が作った1コマアニメーション例


小学生が作った1コマアニメーション例



「大王をたおすゆうしゃ」アルトマイル
この作品は、2017年 PEAS Webアニメコンテスト神戸入賞作品です。
2017年青少年のための科学の祭典大阪大会「サイエンスフェスタ」の 9VAeきゅうべえアニメ研究所ブースで作られました。

1コマアニメーションは

  • 1枚の絵のデータから、書いた順番に絵を再現するコンピュータアニメーションです。
  • フリーソフト「PEAS motch!」や「9VAeきゅうべえで作成できます。
  • パラパラアニメより簡単で、なめらかに動きます。
  • どんな線を書いても動くと楽しいです。
  • 米国では、ホワイトボードアニメーションと呼ばれ、人を引き付ける動画手法として注目されています。(参考「動画マーケティング最新情報 movieTIMES」)

1コマアニメーションには
  • 人は動くものに注目するため、できあがっていく様子をつい見てしまう。
  • 伝えたい情報が一つずつ順番に伝えられる。
  • 不明な部分が徐々に明らかになっていくわくわく感がある。
といったホワイトボードアニメーションと同じ効果があります。


「PEAS motch!」の1コマアニメーション作成手順

  1. 画面に絵を書く。
  2. 右上の「鉛筆ボタン」を押す。
たったこれだけです。

この「PEAS motch!」を利用して、2018年1月から4月までキッズプラザ大阪でワークショップを実施しました。


1コマアニメーションの学習への応用

書きうつした絵が動き出すのは楽しいです。何でも書けるので、様々な学習用途で使えます。
  • 正しい書き順で書けるようになる(国語)
  • 実験の手順、反応の進み方、自然現象の説明(理科)
  • なぜこの事件がおこったのか、背景の説明(社会)
  • 主人公の気持ちの変化(国語)
  • 筆算のやり方、三角形の面積の求め方(算数)
  • プログラムの流れ図、データの受け渡しの説明(プログラミング学習)
    黒板に書けることはすべて1コマアニメーションにできます。学んだことを1コマアニメーションにまとめていけば楽しく勉強できるでしょう。


    1コマアニメーションを使った教材作成

    • 背景に絵や写真を入れられます。
    • テキスト文字も入れられます。
    • アニメGIF, APNG 出力できます。
    1枚絵を書くだけで、わかりやすい動画を作成することができます。PEAS motch!は、ファイルメニュー>「すすんだメニュー」からアニメGIF出力できます。

    1コマアニメーション制作ソフト「Peas motch!」の入手


    以下からダウンロードできます。フリーソフトです。

    「PEAS motch! ダウンロード」