メニュー < 9VAe ヘルプ

[目次] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [oメニュー] [キー]


■ファイル

新規作成 新しいアニメを作ります。(new1),(new2)といった仮の名前になります。
開く アニメファイル(9VA/EVA/SVG)を開きます。複数のアニメを開くことができます。 複数のアニメを読み込んだ場合は、 カラーパレットの下にある「9VA」ボタンをタッチし、 「編集中のアニメ」以下からファイル名をタッチして切り替えできます。
閉じる 編集中のアニメを閉じます。
上書き保存 編集中のアニメを同じ名前で保存します。
名前を付けて保存 編集中のアニメを別の名前で保存します。 (ファイル名の最後に拡張子をつけなければ、SVG形式でアプリのフォルダに保存されます。 ".eva"という拡張子をつければ、EVA形式(9VAe独自で高速)で保存されます。)

サブフォルダの作成
メニュー一番上の「+フォルダ」を実行すれば、保存フォルダ の中にサブフォルダを作成できます。存在するフォルダ名を入力した場合、そこに移動します。
アニメGIF出力 編集中のアニメから、アニメGIF形式(拡張子 .gif)のアニメを作成します。
  1. 以下の項目を設定し「OK」をタッチします。
    • ファイル名
    • 画面サイズ
    • 出力秒数
    • 出力レート(コマ/秒)
    • 背景を透明にする
  2. 「往復」や「繰り返し」などがあり、 再生してアニメが終了しない場合は出力秒数が自動設定されません。作成したい秒数を設定してください。
※アニメGIFがカメラロールに保存されない場合、9VAeアプリの設定で写真へのアクセスが許可されているかを確認してください。
ページ設定 ステージのサイズを設定します。
動画出力 編集中のアニメから、MP4形式(拡張子 .mp4)の動画を作成します。
  1. 以下の項目を設定し「OK」をタッチします。
    • ファイル名
    • 画面サイズ
    • 出力秒数
    • 出力レート(コマ/秒)
  2. 「往復」や「繰り返し」などがあり、 再生してアニメが終了しない場合は出力秒数が自動設定されません。作成したい秒数を設定してください。
※動画がカメラロールに保存されない場合、9VAeアプリの設定で写真へのアクセスが許可されているかを確認してください。


■編集

元にもどす 操作を取り消し、元に戻します。
※250回ぐらいの操作を取り消すことができます。
やり直す 「元に戻す」で戻した操作を、もう一度やりなおします。
切り取り 選択している図形を編集画面から切り取って、「きおくツール」へコピーします。
コピー 選択している図形を「きおくツール」へコピーします。
貼り付け 「きおくツール」の中の図形を複製して貼り付けます。
消去 選択している図形を消します。
複製 選択している図形と、同じ形や色の図形を作ります。
すべて選択 編集画面に表示されている全部の図形を選択します。
点を減らす 選択した図形の制御点を少なくします。前後のページとつながった図形の点を減らすことはできません。
色・種類を記憶 選択した図形の色・種類を記憶します。 すでに描かれている図形の色や太さなどの設定(属性)を、他の図形と同じ内容にしたいときに使います。
記憶した色・種類に設定 選択した図形の色・種類を記憶したものに変更します。 すでに描かれている図形の色や太さなどの設定(属性)を、他の図形と同じ内容にしたいときに使います。
検索 文字列を検索します。 コマンド、ファイル名、アニメキャスト名も検索します。
  • 現在ページの選択されている図形から重ね順の高い方向に検索します。
  • 見つかった場合、つながった図形を選択します。
  • アニメキャストの中も検索します。
次検索 次の文字列を検索します。


■表示

再生 アニメを先頭のページから再生します。
大きいサイズで再生 ウィンドウ全体でアニメを再生します。
2眼で再生(iPhone) MRグラス(だんグラ)用に右目用、左目用の2つの画像を再生します。
停止 再生中のアニメを止めます。
ダークモード ページの色を白か黒に切替えます。
背景を重ねて表示 背景のページを重ねて表示するか、しないかを切り替えます。
前後のページを重ねて表示 前(左)と後ろ(右)のページを線画で表示するか、しないかを切り替えます。
グリッドを表示する グリッドを表示するか、しないか切り替えます。 グリッドを表示した状態で図形を入力すると、点がグリッド上の点になります。思った位置に図形を入力できない場合は、グリッドを表示させないでください。


■配置

1点に集める 選択した図形のすべての点を1ヶ所に集中させます。集められる位置は選択枠中心ハンドルの位置です。
点をグリッド上に配置 選択した図形のすべての点を、その近くのグリッドの格子点に配置します。
左に寄せる 複数の図形を選んだ場合、個々の図形の最も左にある点が全体の左端に整列するように配置されます。
1個の図形を選んだ場合、その図形の最も左にある点がステージの左端に配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけが選択された一番左の点の位置に配置されます。
右に寄せる 複数の図形を選んだ場合、個々の図形の最も右にある点が全体の右端に整列するように配置されます。
1個の図形を選んだ場合、その図形の最も右にある点がステージの右端に配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけが選択された一番右の点の位置に配置されます。
上に寄せる 複数の図形を選んだ場合、個々の図形の最も上にある点が全体の上端に整列するように配置されます。
1個の図形を選んだ場合、その図形の最も上にある点がステージの上端に配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけが選択された一番上の点の位置に配置されます。
下に寄せる 複数の図形を選んだ場合、個々の図形の最も下にある点が全体の下端に整列するように配置されます。
1個の図形を選んだ場合、その図形の最も下にある点がステージの下端に配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけが選択された一番下の点の位置に配置されます。
縦軸を合わせる 複数の図形を選んだ場合、それぞれの図形の中心のX座標を選択枠の中心に一致させます。1個の図形を選んだ場合は、X座標がステージの中央にくるように配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけX座標が同じになるよう移動します。
横軸を合わせる 複数の図形を選んだ場合、それぞれの図形の中心のY座標を選択枠の中心に一致させます。1個の図形を選んだ場合は、 Y座標がステージの中央にくるように配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけY座標が同じになるよう移動します。
中心を合わせる 複数の図形を選んだ場合、それぞれの図形の中心を選択枠の中心に一致させます。 1個の図形を選んだ場合は、選択枠中心ハンドルがステージの中央にくるように配置されます。

点選択モードで点が選択されている場合、選択された点だけが中心に移動します。
左右のすきまを均等に 3個以上の図形を選んだとき、図形の間の横方向の距離が同じになるように配置します。
上下のすきまを均等に 3個以上の図形を選んだとき、図形の間の上下方向の距離が同じになるように配置します。


■調整

最も上に 選択した図形の重ね順を最も上にします。
最も下に 選択した図形の重ね順を最も下にします。
グループ化 選択した複数の図形を一つのグループにまとめます。グループ化した図形は1個の図形と同じように扱えます。グループ化しても重ね順は変わりません。
グループ解除 グループ化を解除します。
書き順 選択した図形の書き順を、再生時に表示するかどうかを切り替えます。 項目にチェックがない場合、選択した図形はすべて「書き順」再生するよう設定され、 チェックマークがつきます。 選択した図形がすべて「書き順」設定されている場合にチェックマークがつき、 項目をタッチすると、「書き順」設定が解除されます。

書き順がチェックの場合、次のようになります。 前のページにつながった図形がない場合、アニメ再生させると線が伸びていくアニメになります。 前のページにつながった図形がある場合、線が消えていくアニメーションになります。 ただし前につながった図形が消えていくアニメーションだった場合 線が伸びていくアニメーションになる場合もあります。

書き順チェックがない場合、その図形はそのページが表示されている間ずっと表示されたままになります。
次ページまで表示 選択した図形が次のページまでアニメーションする間、表示するよう設定します。
このページで消える 選択した図形が次のページまでアニメーションする間、表示しないよう設定します。動きをつけるために必要だが、画面には表示させたくない図形に設定します。
あいだの形にする 選択した図形を、前後のページのつながった図形の中間の形にします。 この中間の形を「ゴースト」といいます。 ゴーストは前後のページから形や色を計算して自動的に決められる図形です。 一度変形した図形を前後のページの中間の形に戻したい時に役立ちます。

点選択モードで一部の点を選択してから「あいだの形にする」を実行すると、 選んだ点だけが中間の形になります。


■ツール

文字を入れる 表示しているページに文字を入力します。
絵・写真を入れる 表示しているページに絵や写真を入れます。
9VA/SVG/WMFを入れる 保存した9VAアニメを入れます。 「アニメキャスト」になって入ります。
ネットからダウンロード 表示しているページにSVGやWMF形式のイラストやPNG、JPEG形式の画像を入力します。
  1. FreeSVG のような素材サイトを開きます。
  2. イラストや画像を選んで「ダウンロード」ボタンまたは画像を長押しします。
  3. メニューから「Copy(コピー)」をタッチ。httpアドレスをコピーします。
  4. 9VAeを開き、メニューバーから「ツール」>「ネットからダウンロード」をタッチ。
    httpアドレス入力画面が開きます。
  5. httpアドレス入力欄を長押し「Paste」をタッチ
    コピーしイラストや画像のURLアドレスが入ります。
  6. 「OK」ボタンでイラストや画像が入力されます。
イラストや画像は「アニメキャスト」になります。 中身を開けば編集できます。
記憶をアニメキャストにする 記憶ツールの中の図形や複数ページを「「アニメキャスト」」にして入れます。 最初にアニメキャストの名前を入れます。 どんな名前をつけてもかまいません。 ※重なった名前をつけた場合、自動的に[-数字]をつけて区別します。
クリックで進むボタン ページを 表示しているページに「クリックで進むボタン」を入れます。 このボタンが入っているページでは、 アニメの再生が一旦停止します。「クリックで進む」ボタンの領域をタッチすれば、次のページから再生を開始します。
往復 表示しているページに「往復」を入れます。 往復のあるページをアニメ再生すると、次のページとのあいだで往復再生します。往復を次のページにつないでコピーすれば、往復するページの範囲が広がります。 往復を選んで、中心の「+」をタッチし、メニューから往復回数を設定できます。
繰り返し 表示しているページに「繰り返し」を入れます。 繰り返しのあるページをアニメ再生すると、次のページとのあいだで繰り返し再生します。繰り返しボタンを次のページにつないでコピーすれば、繰り返すページの範囲が広がります。 繰り返しを選んで、中心の「+」をタッチし、メニューから繰り返し回数を設定できます。
アニメキャストの整理 同じ内容のアニメキャスト を重複して持っていないかチェックし、重複したものがあれば、ひとつのアニメキャストに共通化します。

同じ内容のデータを重複して持たなくなるため、アニメーションのデータサイズが小さくなります。


■ヘルプ

ヘルプ ヘルプ(このドキュメント)を表示します。
わらえもん
でじたん
アニメっこ
わらえもんパーツ
さけび
変身
リミックス
練習用のアニメサンプルを読み出します。
わらえもん



リミックス



[目次] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [oメニュー] [キー]

0 件のコメント:

コメントを投稿